お宅拝見:木工家具作りのロシェルさんの、木のDIY満載の部屋

デザインスポンジから、趣味の木工家具作りでネットビジネスまで始めたロシェルさんのお宅です。彼女の木工製品のサイトはここ、ブログはこちら。カリフォルニアのワンルームのアパートです。

A Woodworker’s Southern California Cottage | Design*Sponge.

続きを読む

ロンドンの街のアンティーク部屋に泊る。

一昨日はイギリス郊外の荘園の話でしたが、今日はロンドンのスピタルフィールズという街の家。たまたま、この手の宿泊系が続きます。アンティーク家具の店をやっている人が、自分の所有不動産を貸し出しています。いつもと違うサイトの記事からです(私もまだあまり知らない)。Live Like a Londoner: Town House in Spitalfields: Remodelista.

この町は、昔から移民が入ってくる街で、文化的融合の味が特徴だとか。建物は18世紀のたてもので、放置されていたのを、オリジナルの造形を残しながらリノベしつつ、自分のお店のアンティーク家具をいれて貸しているということで、内装は以下のように、イギリスの街中ということで、シャーロックホームズの家、みたいな感じでしょうか(勝手に想像)。

続きを読む

アビゲイル・レッスン:イギリス英語とアニマル・トレンド

この夏は金曜ロードショーでハリーポッターを毎週やっています。

(下の写真は、あとの話題用。Photo from Style Surgery – Clayton Residence | Abigail Ahern.)

続きを読む

お宅拝見:Joeのビクトリア風「フクロウの館」

Joe’s Victorian ‘Owl House’ House Tour | Apartment Therapy.

アーティスト Joseph Findeiss さんの、コロラドデンバーの、通称”Owl House(フクロウの館)”というビクトリア風1900年代初頭の一軒家。ここにJoeさんは、何人かのルームメートに部屋を貸して住んでいます。家の雰囲気に合った、調度品を揃えてクラシカルにしつつ、遊び心あふれるデコレーションとなっている。

続きを読む

Abigailさんの、インテリア スタイル手術室(?)

先日の記事で、Abigailさんのブログで、スタイル手術室、というのを始めるらしい、という話をしました。

最初の手術(?)がUPされたので、これは引用しておかないといけないと思い、ここに。

Launching my latest feature – Style Surgery | Abigail Ahern.

これまでも、インテリアのクラスとかで、参加者から「ここはどうしたら?」という相談は良くあったようですが、それを記事にして、皆にも参考になるようにしてゆこう、ということで、読者からの写真と悩みを送ってもらう→週に一度、一例をとりあげて、写真からAbigailさんのアドバイスを提供する、 というコーナーです。

写真だけでアドバイスだから、結構大変だと思うのだけど、そこはプロなので・・・今回も、ふーん(素人にはよくわからないわ~)というようなアドバイスです。写真みただけでビビっとくるんでしょうね、プロだから。

基本、英語なので、今回は紹介してみるけど、どうかな。これからは。

これが、相談者からの写真。オーストラリアの台所の相談。80年代に流行した風の普通の台所。

続きを読む