フェリー船からの古部品サルベージ。アメリカの建材古道具屋Olde Good Things

最近、日本もインテリアのレベルがそこそこ上がってきて、皆さん上手にされていることもあり、別にもう「紹介」しないでもいいかなーという気持ちでいることも、本ブログ休眠の一因ではあったのですが、私の大好きなアメリカの建材古道具屋Olde Good Thingsをみると、あいかわらず、突き抜けた活動をしていまして、刺激をうけご紹介。

サルベージ、という言い方をするようですが、古い建物から、部品を回収して、再利用のために販売する事業を彼らはやっています。素敵なものだけじゃなくて、「こんなん捨てるだろ」というようなものも回収していて、それなりに需要があるんだろうなと思います。

今回は、スタテン島フェリーの解体。

iSalvaging the Walter Keane Staten Island Ferry

続きを読む

アビゲイルの庭、BBCテレビで紹介

アビゲイル宅のお庭については、居間の付近はもともとおしゃれにしていたのが、一昨年位から全体的に本格的に手をいれて、小屋を建てたり木を入れ替えたりしてたのでした。確か、うろ覚えだけど、近所の引っ越しやらで、借景が変わったりして、手を入れざるをえなくなって始めたことだったかと。小屋を導入したりしていた時期の記事が以下。

お宅拝見:nyのオープンプランと屋上テラス/

stalking-アビゲイルの庭。

先月、アビゲイルのお庭がイギリスBBCのガーデニング番組で取り上げられたそうで、その庭の全貌と本人のコメントが見られますので、Youtubeで下記ご覧ください。

BBCの番組サイトの動画は、英国以外配信しないようなので、Youtubeもいつまであるかわかりませんが、この英国版「家庭の園芸」はYoutubeにシリーズがUpされているので、大丈夫なのかな。

続きを読む

トスカーナ農家のリノベ事例。古い造作とメタリックとの組み合わせでモダンに。

教科書インテリア系のおうちを紹介。

http://www.desiretoinspire.net/blog/2017/2/19/a-1400s-tuscan-farmhouse-gets-a-modern-makeover.html

これは、(たぶん)デンマークのサイトからの転載。

元記事:http://bobedre.dk/boliger/skoent-art-deco-hjem-fyldt-med-glitrende-metaller-og-originale-detaljer

続きを読む

パリのペントハウスのアパートメント

おしゃれなファミリーの家を紹介するサイト、The Socialite Familyより。

このアパートは、パリの最上階の部屋で、住むのはアレノアさんとその一家3人。この家は、アレノアさんが生まれ育った家ということで、結構広め。アレノアさんは、代々建築家の家で、ご自身もインテリアデザイナーとなって家業を手伝っているそう。よって、このアパートも、屋根の傾斜をうまく使った設計とか、作り付け本棚とか、黒く塗られた桟(鉄筋?)とかのベースのデザインは、洗練されてる感じ。また、家具などのインテリアが感じ良いので、選んでみました。

http://www.thesocialitefamily.com/en/familles/paris-en/alienor-bechu-and-pierre-louis-paloma/

続きを読む

変わった宿:ドイツの中世の壁の部屋

日本も民泊というコンセプトがでてきて、Airbnbも普及してきましたね。

今日は、そのAirbnbでも泊まれるドイツの変わった部屋を紹介。

These Tiny German Homes Are Actually Inside a Wall (And You Can Stay There!) | Apartment Therapy

続きを読む

ファブリック 壁紙・カーテン デコ事例

今日のは、宣伝用にコーディネートしたお部屋ですが、目の保養に。ギラギラしそうなのが、良い感じになっていますねー。

ロシアのサイトより。

続きを読む

アビゲイルのお宅 模様替え

久しぶりです。

ずっと見慣れてきた、アビゲイル宅の居間が、少し模様替えされたのでご紹介。大分シックになってきて、エッジーな処が減ってるともいえるけど、今までのアビゲイルファンどうかな・・・。

Sorce: アビゲイルのインスタグラム: https://www.instagram.com/p/BSWU3YxhshN/?taken-by=abigailahern&hl=en

続きを読む

アビゲイルのお店 引っ越しと新装開店

少し前ですけど、アビゲイルの実店舗の引っ越しがありましたそうです。

もっと都心部の大きい店に拡張したようだ。

ロンドンの場所感覚はよくわからないけれど、いまの時代Google Mapで、日本にいながら現地訪問感覚も可能。

新店舗の場所:12-14 ESSEX ROAD,LONDON

 

続きを読む

デザイナ事例:モスクワ女子宅

ご無沙汰・・・

今日のはロシアインテリア雑誌まで手を伸ばし、モスクワのお部屋。

http://www.the-village.ru/village/home/apartments/234037-kvartira-nedeli

VIllageという雑誌のようですが、お宅拝見コーナーではありますが、インテリアデザイナーさんがしつらえたお部屋の紹介。

続きを読む

アビゲイルのブログから:2016年のトレンド。あくまでアビゲイルの視点で。

先日のアビゲイルの記事は、2015年のトレンドで消えてほしいもの、これから盛り上がってほしいものをセレクトしています。

OUT WITH 2015, IN WITH 2016 – Abigail Ahern

はたして、これが世のトレンドなのか、あくまでアビゲイルの独自の好みなのかはわからないけれども、かなり突っ張っているけど一理あるかもな、と思うチョイスですので、紹介。まずは、ひとつめから。

2015: 裸電球         2016: スーパーサイズのペンダント

続きを読む