アビゲイルのブログから:2016年のトレンド。あくまでアビゲイルの視点で。

先日のアビゲイルの記事は、2015年のトレンドで消えてほしいもの、これから盛り上がってほしいものをセレクトしています。

OUT WITH 2015, IN WITH 2016 – Abigail Ahern

はたして、これが世のトレンドなのか、あくまでアビゲイルの独自の好みなのかはわからないけれども、かなり突っ張っているけど一理あるかもな、と思うチョイスですので、紹介。まずは、ひとつめから。

2015: 裸電球         2016: スーパーサイズのペンダント

”まずは絶滅リストに載ってほしいのは、最近どこでもみかける、キッチンや食堂の裸電球。小さい町のコーヒーショップから、世界中のレストラン、どこでもこればっかりみかけて、もううんざり。オーバーサイズの豪華なペンダントライトのほうが、もっと洗練されているし存在感も出ると思う。”

そして2番目。

2015: シャビー・シック         2016: 職人風(?)

”シャビーシックは、もういらない(永遠に)。偽の古びたような仕上げより、エッジイで本物の方が私は好き。素朴系の趣味も、今は、もっと気が利いていて、職人風(注:artisan-inspired。何て訳せばいいのさ)で、もっと今風にシフトしている。 インテリアも、グルメ業界の流れにおいついてきて、“artisanal(職人風(?)”が流行り言葉になるでしょう。手で絵付けされ創作されたガラスや陶器や金属作品などを想定。”

2015: タイポグラフィ      2016: テキスチャー

 

“あと2015年で終わってもいい流行は、タイポグラフィ。文字を、家具、アート、アクセサリー、壁紙やらクッションやらにつけるトレンド。これからは、テキスチャーが新しいと思う。フェイクファー、木の壁、ベルベット、馬皮、スエード、麻、植物素材など、質感のある壁が流行ってくると思う。”

だそうです!3つ目の文字のは、彼女も一時期、文字家具なんかを多用していたのになー。右の写真は、ちょっと70年代っぽいですね。回帰的な基調なのでしょうか。

___________

今日の記事 :OUT WITH 2015, IN WITH 2016 – Abigail Ahern

オリジナルサイト Original Site:アビゲイル・アハーン のブログ http://blog.abigailahern.com/

アビゲイルのブログから:2016年のトレンド。あくまでアビゲイルの視点で。」への2件のフィードバック

    • お!そうですか。まだ巷では結構見かけますけどね・・・。勇気ある賛同ありがとうございます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中